想い。
いい加減忘れなければいけない感情というものがあると思う。
ずっと、ずっと、ずっと、忘れたフリをして生きていたつもりだったけれど、とんでもなく些細なことで其の感情は掘り起こされるのだ。簡単に、しかも残酷に。気付いたら自分では制御できないほどの気持ち悪いモノが体中を渦巻いている。それは決して楽に拭い去れるモノではない。侵食されている。確実に、隙間無く、全てを覆い尽くしていく。誰にも打ち明けることが出来ないのと同じように、誰にも止めることは出来ない。それは自分自身でも。

僕は好き勝手に生きている。其れは彼女もそうだろう。でも、僕は、僕自身を裏切って生きてきた。でも、自分では一番良い選択肢を選んだと思っていた。これ以上悩んでも無駄だと思った。誰かを傷つけるなら自分が傷つけば良いだけの話だった。けれども僕は自分が一番救われる道を選んでしまったのだ。愚かな、愚かなことに。自分の過ちを棚に上げて、彼女を妬む事だけで精一杯だった。助けて欲しくなんかない、彼女は僕にとって本当はどうでも良い存在だったのだ、彼女は、彼女は、彼女は、僕より、僕以外の、僕ではない、彼を、選んで、しまったのだから。彼女を愛していたのか、彼を想っていたのか分からなくなった、分かりたくなかった。

唯一つ確実なのは、僕は、二人とも、自分とは比べ物にならないほど愛していた事。だから、僕を除け者にした二人が憎かった、認めたくなかった、辛かった、どうしていいか分からなかった。僕は、何も選んじゃいなかった。僕は、選びたくなかった。誰にも嫌われたくなかっただけだった。皆に嘘をついて、自分に嘘をついて。答えを出したくなかっただけだった。誰も傷つけたくなかっただけだった。

悪い?其れは悪いことなの?悪くない。僕は悪くない。誰も悪くない。ただ、そうなってしまっただけ。そう、ならざるを得なかっただけ・・・必要だったんだ。あの二人が、幸せになる為に。僕が、哀しむために。

誰も、僕を分かってくれない。僕も、誰も分からない。僕も、僕が、分からない。

ただ、僕は、誰かを、愛していただけ。それだけ。それだけ。たった其れだけ。僕が、生きてきて、本当に、本気で愛した人たちが、愛し合っただけ。僕は、其の二人になれなかっただけ。遠くなってしまっただけ。僕にとっては、其れが、過去で、事実で、淋しかっただけ。其れだけだから。もう、もう、何も考えてはいけない。笑え、笑うんだ。哀しい事ではないのだから。涙が出る事ではないのだから。

ただ、僕を、僕だけを、愛して欲しかっただけ。大事だと言って欲しかっただけ。忘れないで欲しかっただけ。

望んでは、いけない、ことでしたか?












広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー