過去と、未来と、決意。


ちょっと暗いかもしれない話。

私は、昔から人付き合いが苦手だったのだと思う。


気付いたら、独りで居たような気がする。


幼稚園の頃、独りで遊んでいた記憶しかない。
何故か鮮明に残っているのは、いっぱい並んでいる遊具の木馬にたった一人で乗っていること。何故なのかは分からないけれども、独りになるとふと思い出すときがある。

小学校の頃、私は、とてもくだらないことでいじめられていたと思う。その子は優等生だったし、私も言い返せるほど気の強い性格ではなかったから、ことあるごとにいじめられていた気がする。そんなにひどいいじめではなかったのだろうけれど、当時の私はとてもつらかったのだと思う。


その時は、誰も助けてくれなかったからかもしれない。


中学生になると、全然知らない人ばかりに囲まれた。必死に、友達になってくれる人を探した。あの頃はまだ、人を疑ったりするようなことはなかった気がする。趣味の合う友達を、見つけたと思った。でも、其処は自分の場所ではなかったのだと思い知らされた。いつの間にか、避けられるようになっていて。


気付いたら、また私は独りになっていた。


自分勝手だったのかもしれない。そんな私と一緒に居るのがイヤになったのかもしれない。でも、誰も何も言ってはくれなかった。バカな私は気付きもせずに、自分の周りから人が居なくなるのだけを見ていた。

高校のときも、きっとこの性格は変わっていなかったのだと思う。


でも。何故か一緒にいてくれる人が居た。


趣味が合ったわけではないけれど、一緒に居るととても楽しかった。今まで、「趣味が合う人なら、友達で居てくれる」とどこかで思い込んでいたのに。


人に、甘えられるようになったのかもしれない。


「結局、自分は独りで居るしかないんだ」と思っていたから、独りで居ても大丈夫なように、強くならなければいけないと思ってた。

でも、そのとき、自分の周りに居てくれる人は、何故かあたたかかった。


「此処に居てもいいんだ」と思えるようになった。


大学に入っても、入る前は不安だったけれど、意外とすぐに知り合うことが出来た。高校のときと同じように、弱い自分を突き放さずにいてくれる人。

決して、構ってくれるわけでもなく、いつも一緒に居るわけでもなく。

人は、環境で変わるものだと本心から思う。
いちばん影響のあるのは、やはり、友達だと思う。
だから、大事にしたいのだと思う。


…強くならなきゃいけないと思っていた頃の名残なのか、未だに私は「俺」という一人称を使ってしまう。そろそろ直さないとなあと思うけれど。単に女で居るのが厭なだけかも…なんて。男だったらもっと強く生きれただろうかと思ってしまうから。

でも、まだ本当に強くなったわけじゃなくて。くだらないことで泣いてしまうことも多々あるし、凹んでしまうこともかなり多い。

けれど、昔に比べたらずっと良くなっていると思う。

もっと、強くなりたい。でも、弱いからこそ分かることを、忘れたくはない。

でも、今周りに居てくれる人を、哀しませないぐらいには強くなりたい。いつも、そう思う。

私は、生かされているんだなと思う。

今まで友達になってくれた人。今でも友達で居てくれる人。ありがとう。












広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー