過去の遺物その3。

偏見。
TVを見ていた。
違う国のヒトが自分たちの食べないような生き物を食事としている。

母が言う。
「可哀想」

じゃあいつも自分たちが食べているのは、何なんだろう。
可哀想って…何なんだろう…

所詮自分の優位な立場から自分より劣っている物を
憐れんで言っている言葉にしか過ぎない…

そう思う自分も同じコトをしているのだから
何か意見できる立場ではないけれど…

何だか、よく分からなくなってくる…

怖い怖い怖い。
人間は貪欲だ…
自分も…

全てを食らい尽くすまで貪り続けるのだろうか?

人間が生きるということはそういうことなのだろうか。












広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー